男の人

電話加入権は業者から安く手に入れよう|お得な知識公開

半数以上がひかり電話

電話する女の人

ひかり電話は安い

個人宅では、携帯電話の普及により固定電話を設置しない家庭が増加しています。かつては、クレジットカードの契約などにおいて、固定電話は必須扱いとなっているケースがありました。しかし、最近では携帯電話があれば契約も行えるようになっているため、固定電話の必要性を感じなくなっています。しかし、会社など法人の場合には固定電話は必須でありますが、この固定電話の契約形態が変化しつつあります。かつては、固定電話回線を引く場合、NTTから電話加入権を購入する必要がありました。加入権の契約は高額で80000円ほどするものでした。しかし、固定電話の契約は、インターネットのひかり回線を利用した電話オプションを利用するケースが安く、今では固定電話契約の半分以上がひかり回線を利用しているのです。

加入電話のメリットはない

ひかり回線を利用する最大のメリットはコストメリットです。加入権も安くなりましたが、まだ高額です。またライトプランを利用すれば購入する必要もなくなりますが、月額基本使用料が高くなってしまいます。対してひかり電話の場合には、インターネット回線のオプション扱いとして利用することができるため、月々の金額は一番安いもので500円程度です。また一般電話のように様々なオプションも用意されているため、必要に応じてオプションを申し込むことも可能になるのです。電話番号を保持できるなどのメリットが加入電話にはありましたが、携帯電話が主流になっている今、固定電話の電話番号保持理由のメリットも少なくなっており、そのほとんどがひかり電話になっているのです。

Copyright© 2016 電話加入権は業者から安く手に入れよう|お得な知識公開 All Rights Reserved.